さく丸日記
IBD(炎症性腸炎)の闘病記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月15日〜退院したけれど。

予約時間に迎えに行くが、Y先生の手術が長引いているとのこと。
散々待たされて結局会えずじまい。
この病院、予約時間があってないようなもの。
30分待ちは当たり前の世界。
まあ、この辺りでCTと内視鏡持っているのはここだけ。
だから迅速に検査してもらえたわけで、文句は言えない。



今日の検査と処置
血液検査(24種、凝固系)
麻酔
内視鏡(生検採取)
生検
輸液(代用血漿)

処方薬
プレドニゾロン20
フラジールは継続

今回の費用、とうとう10万超え(涙)
生体管理モニター代や人工呼吸器使用料もある。

ネットで調べると、アルブミンの数値が2.0ぐらいでも全身麻酔は無理と言われてる。
あとでわかったが、この時のさくのアルブミン値、なんと1.0しかなかった!
そりゃ、生体管理モニターが必要なわけだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆみかちん

Author:ゆみかちん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。