さく丸日記
IBD(炎症性腸炎)の闘病記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月16日〜内視鏡検査を終えて。

14日の検査終了後からステロイド投与開始。
ステロイドで劇的に改善するケースが多いと聞いており、かなり期待をしていた。

がっ、昨日の夜のンコ、半分ぐらいがかろうじて固まっているものの、あまり変わっていない。
今朝も少量のンコをしたが、やはり泥状。

ステロイドが効かないってことは、リンパ腫なんだろうか。
かなりへこむ。

加えてショックだったのは、夕方のフードを残した。
食欲がないわけではなく、明らかに療法食を嫌がっている。

ネットでIBDの病気を持つ子のブログを読んで、なんかひっかかること。
獣医の言うとおり、せっせと療法食を食べさせていた子のほうが、余後が悪くないか?
あるブログには、
「この病気は脂肪が腸のリンパに詰まるから徹底的に脂肪を排除しなければいけない。
療法食にも脂肪は含まれている。」
こう書かれている。

Z/Dの粗脂肪は10%以上。
さくのンコは今も脂肪便。
なにより、さくが今の食事を嫌がっている。

もし、さくの命が長くないのなら、せめて美味しい物を食べさせよう。
今朝からは手作り食にしようと決心した。

ぱてさんから貰った馬肉が冷凍庫に入っていた。
冷蔵庫にあった小松菜と人参を白米と一緒に煮込み、湯がいた馬肉をトッピング。
病気がわかってから買いこんだ酵素やサプリもてんこ盛り(笑)
さくが、目を輝かせて食べてくれた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆみかちん

Author:ゆみかちん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。