さく丸日記
IBD(炎症性腸炎)の闘病記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病理組織検査の結果。

14日の病理検査の結果がきた。
image.jpg

結局
十二指腸の粘膜に慢性の炎症があり、絨毛が短くなってしまい、粘膜のリンパ管が拡張しているってことらしい。
今回の検査では悪性リンパ腫を疑わせるものはなくて一安心。

診断はやはりIBD(炎症性腸炎)
正式には、リンパ球性、形質細胞性腸炎かな。
担当医は、リンパ管拡張症ではないと言う。
顕著なリンパ管の拡張と述べられてるんですが…。

治療(ステロイド投与)に対する反応がとても良いので、軽度から中程度のIBDと思われる。そうだ。
症状には個体差があり、さくの場合は低たんぱくの症状が強く出たらしい。

なるべく高たんぱく、低脂肪という今の食事の方向性は間違っていない。
この病気は免疫疾患で一生付き合わないといけない。
頑張ってこれからも手作り食に取り組もう。

結果が出るまで、胃に重しが乗っているような気持ちだったが、とりあえず良かった〜。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆみかちん

Author:ゆみかちん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。