さく丸日記
IBD(炎症性腸炎)の闘病記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月5日〜好転

約10日ぶりの診察。
体重は17.4キロ。前回は17.8キロだったから400g減。
前々回の17キロから一気に増えすぎたので、白米の量を減らしたからこれは想定内。

前回の診察から、血液採取を嫌がるようになったさく。
今日も抵抗して採らせない。
こじらせて診察自体を嫌いにならないよう、さっさと2階の処置室に連行してもらう。
処置室では観念するのかおとなしいそうで、これからは最初からそうしてもらおう。

血液検査の結果は良好。
アルブミンが、やっと正常値ギリギリの2.2まで上がった。
総タンパク質はまだ低値だが5.0。

前回31.6しかなかったヘマクリットが43.5まで戻って、貧血も改善。
白血球も前回から正常値で落ち着いている。
ンコの状態も戻ってきているし、腸の炎症は確実に治まっているということだ。
とりあえず、最初の関門は突破かな。


Y先生から
「現在のステロイド投与量は普通で、IBDの初期治療としては決して多くない。
肝臓の数値も低く抑えられているので、当面は今の量のまま継続します。」との話。

ステロイドを減らしたい気持ちは山々だが、早くに減量して症状がぶり返した例も多い。
正常値とはいえ、まだ下限ギリギリのアルブミン。
幸い、さくはステロイドの副作用が少ない様子。
もう少し現在の20mgのままでアルブミンを上げよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆみかちん

Author:ゆみかちん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。