さく丸日記
IBD(炎症性腸炎)の闘病記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月17日~ステロイド減薬への道

前回、6月7日の血液検査も、TP5.0。ALB2.2のほぼ横ばい数値。
体重も増え、体調もいいのにずっとこんな感じ。

毎回、ステロイドを減らす減らさないで論争(おおげさ)になり、堂々巡りで結論出ず。
自分では荷が重いと感じたのか、副院長「次回は10日後に院長予約で。」

そして予約日の今日、いつもどおり予約時間の1時間後に呼ばれ(毎度混み過ぎなんだよ)
「今日は僕のご指名なんだって?」と院長。
あの、私が指名したのではなく、副院長がさじを投げたんですけど・・・。

院長ともメールではかなりやりとりしていて、私の考えも大体わかっているので
「明日から15に減らしてみましょう。」と血液検査もしないのに減薬OKとなった。

次の血液検査は20日後の7月7日。
減らしても変わらないのか、減らしたら数値も下がるのか。





院長も副院長も、私がステロイド否定論者だと思っているけど、そういうわけではない。
ずっと20のステロイドを飲み続けることに抵抗があるだけ。
体重1㎏あたり1mgのステロイドは決して多くないと言うけれど、決して少ないわけでもないよね。
この病気になった時から、ステロイドと一生つきあう覚悟はしているけど、もう少し量は減らしたいのよ。

まだまだALBの値は低いから、今の状態での減薬は危険という考えはもっとも。
いったん減薬してALBが下がった場合、増薬しても以前どおりに上がる保証がないというのもごもっとも。

でも、減薬してもALBは変わらないんじゃないの?って思いもある。
変わらないぎりぎりのところまで量は調整していきたい、一生つきあうんだから。

次の検査で青ざめないように、食事療法頑張らねば!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆみかちん

Author:ゆみかちん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。