さく丸日記
IBD(炎症性腸炎)の闘病記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月9日〜犬護舎へ。

今日は人間も犬も施術をお願いしてあった。
さくの不調を説明すると、院長が診てくれた。

実はお腹の調子が悪くなった頃から、左後ろ脚を軽く跛行することがあった。
以前痛めた指ではなく、足の付け根を触ると嫌がる。

さくはかなり体幹が捻れているらしい。
お腹の張りが酷いが、これも捻れが影響しているとのこと。
脚はそれほど心配ないが、腸と脚の不調は関係があるそうだ。

院長のあとを引継いで施樹してくれたKさんからも
お腹ポッコリと筋肉の減少を指摘された。
筋肉の減少は、1月の施術の時も言われたんだ。
だから頑張って筋肉つけようと運動したら、跛行したんだよな〜。
家でのケア方法を教えてもらったので、車中泊の車内で早速マッサージ。
そこで愕然。

さくのお腹の膨れ方が半端ない。
だいたい普段からお腹がふにゃふにゃしているが、ここまで酷いことはなかった。
マッサージしていたら、非常に臭いガスが出た。

体幹の捻れを取ったから、どこかで滞っていたものが表に出てきたのか。
でもおかしい。
どんどん疑念が湧いてきた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ゆみかちん

Author:ゆみかちん

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。